瀬央ゆりあ主演「ザ・ジェントル・ライアー」の登場人物を原作「理想の夫」からピックアップ

宝塚星組

宝塚星組・瀬央ゆりあ主演でミュージカル・コメディ『ザ・ジェントル・ライアー ~英国的、紳士と淑女のゲーム~』の上演が発表されました。

オスカー・ワイルドの戯曲「An ideal husband(理想の夫)」が原作とのことで、早速原文を読んでみたので、登場人物とそのキャラクターをまとめてみたいと思います。

英語版の戯曲原文が無料公開されていたので、こちらを参照しています。

https://www.gutenberg.org/files/885/885-h/885-h.htm

前半の「」内は、戯曲にある各登場人物のト書きから抜粋したもの、その下が原作を読んでの私の印象です。

スポンサーリンク

アーサー・ゴーリング子爵(瀬央ゆりあ)

ロバートの親友

Thirty-four, but always says he is younger. A well-bred, expressionless face. He is clever, but would not like to be thought so. A flawless dandy, he would be annoyed if he were considered romantic. He plays with life, and is on perfectly good terms with the world. He is fond of being misunderstood. It gives him a post of vantage.

「34歳、だが本人はいつも少しサバを読んで若く言う。
育ちの良さを感じさせる顔で、感情を表に出すことはほとんど無い。
頭が切れるが、周りからそう思われることは好まない。
完璧なダンディーだが、ロマンチックな奴だと見なされることは嫌がる。
人生をもてあそんでいて、世間というものとはとても上手くやっている。
人から誤解されることを好む。それが彼のアドバンテージになるからだ」

戯曲でアーサーの登場時のト書きがとても面白かったので、そのまま全文訳してみました。

アーサーは自由気ままな独身貴族で、コミュ力が高くモテるけれど、常に人を煙に巻くような言動をし、自分の本心は表に出さない飄々としたキャラクター。

でも親友であるロバートのためには、何だかんだ奔走する良い奴のようにも見えます。

劇中では、「明日までに結婚しろ!」と迫る父や、アーサーのことが大好きなメイベル(ロバートの妹)をかわしながら、ロバートの妻・ガートルードや敵役・チーヴリー夫人と対峙していきます。

ロバート・チルターン准男爵

外務次官

「40歳だがそれよりは少し若く見える。
キレイに髭を剃った彫りの深い顔立ち、黒髪に黒い目、神経質で疲れた顔つき、
物腰には気品がありプライドの高さも感じさせる。
人気者というタイプではないが、多くの人の尊敬を集めている」

ロバートは堅物で、現在は下院議員・外務次官という役職に就き、更なる出世が見込まれている人物。

嘘や浮気が当たり前という貴族社会の中で、妻を一途に愛し、公明正大で真面目と評判の名士です。

しかし貧しかった若い時に、ある不正をして現在の地位を手に入れたという過去の秘密があり、それがこの物語の軸になります。

ガートルード・チルターン夫人

ロバートの妻

「27歳前後、ギリシャ風の美人」

ガートルードはとにかく真面目で、清く正しくあることを非常に重んじている女性。

夫の高潔さに惚れ込み尊敬していますが、その「理想の夫」像が逆にロバートを追い詰めることになっていきます。

チーヴリー夫人とは学校の同級生だった(当時は接点が無くお互い殆ど覚えていない位の間柄)ものの、軽薄で非道徳的な振る舞いをするチーヴリー夫人のことをかなり敵視しています。

ローラ・チーヴリー夫人

ロバートを脅しにくる悪女

「背が高く痩せ型、青白い顔、薄い唇に赤い口紅、赤毛、
灰色掛かった緑色の目は落ち着きなく動いている、全ての動きがとても優雅、
例えるなら蘭の花のようで、人の好奇心を激しく掻き立てるタイプ」

チーヴリー夫人はガートルードの同級生なので年齢は27歳前後。

この物語の敵役になる悪女です。

使えるものは何でも利用して成りあがってきた女性で、今はウィーン社交界の花形。

複数回結婚歴があり、アーサーと3日間だけ婚約していた過去も。
アーサー曰く「A genius in the daytime and a beauty at night」(昼間は天才で、夜は美女)

ただ色仕掛けで迫るタイプというよりも、結構男性的というか、頭が良く胆の座った悪徳実業家のような印象を受けました。

メイベル・チルターン

ロバートの妹でアーサーのことが好き

「イギリスの典型的な可愛らしさを持つリンゴの花のようなタイプ、
若さゆえの魅力的なわがままさ、無邪気ゆえの驚くべき勇気を持っている」

メイベルの年齢は明記されていませんが、1人だけ若い人物として描かれているので20歳位かなと。

快活で天真爛漫な貴族のお嬢様という感じですが、アーサーとテンポよくウィットに富んだ会話をやり取りする頭の回転の速さも持ち合わせています。

キャヴァシャム卿

アーサーの父親、70歳の老紳士で政治家
浮ついたロンドンの社交界からは距離を取っている

結婚もせずフラフラしている息子が悩みの種で、顔を合わせる度に結婚しろと口うるさく言う

トミー・トラファド

ロバートの優秀な秘書、メイベルに毎日プロポーズしている

戯曲中にはトミー・トラファドがメイベルにプロポーズしている様子は直接描かれていないんですが、コメディパートとして膨らませられそうだなと

フィップス

アーサーの召使、無表情で完璧に仕事をこなす「理想の執事」

フィップスはチーヴリー夫人との対決の場面でも出番があり、面白くできそうな役です

その他の男役

ハロルド
アーサーの従僕

メイスン
チルターン家の執事

ジェイムズ
ロバートの従僕

モンフォード
ロバートのもうひとりの秘書

ド・ナンジャック子爵
駐英フランス大使館員、チルターン家のパーティーに参加している

その他の女役

マークビー卿夫人
気さくで感じの良い老婦人、チーヴリー夫人をチルターン家に連れてくる

オリヴィア・バズルドン卿夫人
マーガレット・マーチモント夫人

チルターン家のパーティーにやってくる、ロンドンの社交界によくいる噂好きでおしゃべりな婦人たち

宝塚版はロバートではなくアーサーが主役?

オスカー・ワイルドの原作を読む限り、「理想の夫」の主役はロバートとガートルードというチルターン夫妻で、アーサーは「主人公の親友で魅力的な2番手」キャラクターに見えます。

ぱっと思いついたところだと『メランコリック・ジゴロ』のスタンや、『愛するには短すぎる』のアンソニーのような、生真面目な主人公に対しお調子者的な2番手という立ち位置で、でも結局いいヤツ、というような役回りです。

しかし宝塚星組公演の『ザ・ジェントル・ライアー』では主演の瀬央ゆりあがアーサーを演じるということなので、アーサーを中心にした改変や肉付けがありそうです。

既に宝塚版のあらすじにはアーサーとガートルードが「かつて密かに惹かれ合っていた」という設定がついています。(原作ではそのような背景は無さそうでした)

また、宝塚版のあらすじにはアーサーが「真実の愛に辿り着く」と書いてありますが、原作の戯曲内の書き込みだけではあまり「真実の愛」感はなかった(あくまで2番手役としての結末なので)気がするので、その辺りももう少し描かれると良いなと思っています。

星組公演『ザ・ジェントル・ライアー』公演情報・出演者

ミュージカル・コメディ
『ザ・ジェントル・ライアー ~英国的、紳士と淑女のゲーム~』
原作/オスカー・ワイルド
脚本・演出/田渕 大輔

公演期間:
2022年2月1日(火)~2月13日(日)@宝塚バウホール
2022年2月19日(土)~2月25日(金)@KAAT神奈川芸術劇場

出演者:
美稀千種(79期)
音波みのり、大輝真琴(91期)
紫りら、瀬央ゆりあ(95期)
綺城ひか理(97期)
澪乃桜季(98期)
小桜ほのか、天路そら(99期)
朱紫令真、煌えりせ(100期)
颯香凜(101期)
紅咲梨乃、咲城けい、鳳真斗愛、水乃ゆり(102期)
侑蘭粋、紘希柚葉、羽玲有華(103期)
稀惺かずと、詩ちづる、鳳花るりな、星影なな、彩夏こいき(105期)
乙華菜乃、愛花いと、飛翠真凜、咲園りさ(106期)

「理想の夫」は約2日間の短い出来事を描いた戯曲ですが、幕開きチルターン邸のパーティーは華やかにできそうですし、19世紀末ヴィクトリア女王時代のイギリスが舞台となるので衣装なども良さそうかなと。

2021年宙組で公演された『シャーロック・ホームズ-The Game Is Afoot!-』と『ザ・ジェントル・ライアー』はどちらもロンドンが舞台となっていて、劇中の年代も1890年前後でほぼ同時期かなと思います。

また、主な登場人物5人の会話のやり取りがとてもイギリス的というか、皮肉とウィットに富んでいて戯曲のセリフを読んでいるだけでも面白かったので、瀬央ゆりあを中心とする星組メンバーで『ザ・ジェントル・ライアー』がどのような作品になるのか、今からとても楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました