星組「BIG FISH」予習用あらすじと配役、楽曲セットリスト

宝塚星組

星組礼真琴主演でミュージカル『BIG FISH(ビッグ・フィッシュ)』が上演されます。

この作品は2013年初演のブロードウェイミュージカルで、2017年・2019年に日本でも川平慈英主演で上演されています。

早速あらすじや楽曲を予習してみましたが、アンドリュー・リッパ作の楽曲がとてもメロディアスで温かみがあるなと。最近『1789』や『赤と黒』などフレンチロックが続いていた礼真琴率いる星組メンバーで、今回は対照的なブロードウェイサウンドを聴けるのがとても楽しみです。(下でブロードウェイ版の音源を試聴できるようにしてあります)

観劇前の予習用として、BIG FISHのあらすじや主な登場人物、セットリストなどをまとめてみました。(結末に繋がるネタバレはしていません)

スポンサーリンク

『BIG FISH』あらすじ

BIG FISHはエドワードとその家族の物語です。エドワードは息子のウィルに、自分の人生をまるで物語のように大げさに語って聞かせてきていました。

幼い頃のウィルは父の冒険話が大好きでしたが、大人になるにつれて素直に聞けなくなり、2人の間には距離が生まれていました。しかしエドワードが病に倒れたことで、ウィルは父の本当の人生を知るべくその足跡をたどり始めます。

エドワードの真実の姿とは?そして彼が息子に伝えたかったこととは?

 

この物語は老いたエドワードと大人のウィルがいる「現在」と、ウィルの子ども時代にエドワードが自分の物語を語って聞かせる「数十年前」の2つの時間軸で構成されます。そしてエドワードの語る”Fish Story”の中で、彼の10代からの物語がファンタジックに再現されます。

英語でFish Storyとは「釣り人が自分の釣った魚の大きさを誇張して話す」ことから「大げさな作り話」「怪しいホラ話」を意味します。

タイトルのBig Fishとは劇中でエドワードが釣ったと語る「大きな魚」の他に「大ぼら吹き」の意味も込められているのです。

アメリカの中でもアラバマ州という南部が舞台となっているため、カウボーイが登場したり音楽もカントリー調だったりと、ニューヨークなど都会を舞台にしたミュージカルとはまた違った味わいがあるのも面白いなと思います。

『BIG FISH』の原作と映画版、ミュージカル版

『BIG FISH』の原作はダニエル・ウォレス作の1998年の小説『ビッグフィッシュ 父と息子のものがたり』です。

この小説を元に『BIG FISH』は2003年ティム・バートン監督によって映画化され、若きエドワードをユアン・マクレガーが演じています。


ただ、映画版とミュージカル版ではストーリーや設定が異なる部分もあり、特にジェニー・ヒルの役どころは大きく変わっているようです。

*「ビッグ・フィッシュ」の日本語ウィキペディアには映画版のストーリーがネタバレありで結末まで書かれているのでご注意ください

 

ミュージカル版『BIG FISH』はアンドリュー・リッパの楽曲と共に2013年に誕生し、ブロードウェイをはじめシドニー、ロンドン、ソウルでも上演されています。

日本でも白井晃演出により、2017年に日生劇場で、2019年には出演者数を絞り「12人バージョン」としてシアタークリエ他で上演されています。

2017年、2019年共に、エドワードを川平慈英が、息子ウィルを浦井健治が演じ、エドワードの妻サンドラには霧矢大夢、ウィルの妻ジョセフィーンには夢咲ねねが配されています。

ミュージカル版『BIG FISH』の登場人物とキャスト

エドワード・ブルーム

自分の経験談を”Fish Story”のように大げさに語る名人。
一番の鉄板ネタは息子ウィルが生まれた日に巨大な魚を釣り上げた話。
サンドラと結婚後一時従軍し、退役後はセールスマンとして各地を飛び回っていた。

2017/2019日本キャスト:川平慈英

2024年星組 礼真琴

ウィル・ブルーム

エドワードの息子。幼い頃は父の冒険話が大好きだったが。大人になってからはその話を素直に信じられなくなり、疎遠になっている。

2017/2019日本キャスト:浦井健治

ヤング・ウィル

子ども時代のウィル

2017年日本初演:鈴木福/りょうた(Wキャスト)
2019年日本再演:佐田照/佐藤誠悟(Wキャスト)

サンドラ・ブルーム

エドワードの妻でウィルの母。学生時代にエドワードに一目惚れされ、猛アタックを受けて結婚した。夫と息子双方の良き理解者。

2017/2019日本キャスト:霧矢大夢

ジョセフィーン・ブルーム

ウィルの新婚の妻。ウィルの子を妊娠中。

2017/2019日本キャスト:夢咲ねね *2017年は赤根那奈名義での出演

エドワードの語る”Fish Story”の登場人物

ドン・プライス

エドワードの幼馴染でガキ大将。後にサンドラの婚約者

2017/2019日本キャスト:藤井隆

魔女

未来を予見する力を持った魔女。10代の頃、エドワードは魔女の目を覗いて自分の死に方を知ったという

2017/2019日本キャスト:JKim

カール

洞窟の巨人。エドワードと共に故郷を出て旅をする

2017/2019日本キャスト:深水元基

エーモス・キャロウェイ

サーカス団の団長。サンドラの情報を教える引き換えに、エドワードをサーカスで働かせる。

2017/2019日本キャスト:ROLLY

ジェニー・ヒル

エドワードが故郷を出る前のガールフレンド。ウィルが父の真実を知る鍵となる人物。

2017/2019日本キャスト:鈴木蘭々

ザッキー・プライス

ドン・プライスの弟。兄の金魚のフン的存在。

2017/2019日本キャスト:東山光明

人魚

エドワードが泳ぎを教わったと語る人魚。

2017/2019日本キャスト:小林由佳

ドクター・ベネット

エドワードの主治医

2017日本キャスト:大谷美智浩

 

その他エドワードが語る劇中劇の人物として、漁師、カウボーイ、サーカス団員などが登場します。

『BIG FISH』楽曲セットリストと歌唱キャラクター

ブロードウェイ初演版でのセットリストになります。

セットリストはブロードウェイ初演版(英語ウィキペディア)を参照していますが、黄色背景の曲は音源としては収録されていないものになります。

Act I

“Be the Hero” エドワード

“The Witch” 魔女、エドワード
2017年日本初演での曲名は”I Know What You Want”

Ultrasound Sequence – ジョセフィーン
2017年日本初演での曲名は”Just Take Another Look” ウィル、ジョセフィーン

“Stranger” ウィル

“Two Men In My Life” サンドラ

“Ashton’s Favorite Son” コーラス
2017年日本初演版プログラムでの歌唱者はジェニー・ヒル、町の人々、チアリーダー

“Out There on the Road” エドワード、カール、ジェニー

“Little Lamb from Alabama” サンドラ、少女たち

“Time Stops” エドワード、サンドラ

“Closer to Her” エーモス、エドワード、サーカス団員

“Daffodils” エドワード、サンドラ

 

Act II

“Red, White and True” エドワード、サンドラ、レッド・ファン、パタソン将軍他

“Fight the Dragons” エドワード、ヤングウィル

“Stranger” (Reprise) ウィル

“Showdown” ウィル、エドワード、カウボーイ

“I Don’t Need a Roof” サンドラ

“Start Over” エドワード、ドン・プライス、エーモス、カール、ザッキー・プライス

“Start Over” (Reprise)  エドワード

“What’s Next” ウィル、エドワード

“How It Ends” エドワード

“The Procession” コーラス

“Be the Hero” (Reprise) ウィル

ボーナストラック

元々はセットリストに入っていたもののカットになった楽曲が2曲収録されています

“This River Between Us” エドワード、ウィル

“Magic in the Man” サンドラ

この2曲は日本での2019年再演版では使われているとのことなので、今回の宝塚版でも聴けるかもしれせん。

星組公演『BIG FISH(ビッグ・フィッシュ)』公演情報・期別出演者

ミュージカル
『BIG FISH(ビッグ・フィッシュ)』

脚本:ジョン・オーガスト
作詞・作曲:アンドリュー・リッパ
潤色・演出:稲葉太地

公演期間:2024年5月30日(木) ~6月16日(日)@東急シアターオーブ(東京都)

出演者:

白妙なつ(90期)
礼真琴、ひろ香祐(95期)
天希ほまれ(98期)
小桜ほのか、蒼舞咲歩(99期)
二條華、希沙薫、極美慎、煌えりせ(100期)
碧海さりお、夕陽真輝 (101期)
都優奈(102期)
羽玲有華、星咲希(103期)
御剣海、凛央捺はる(104期)
詩ちづる、鳳花るりな、大希颯、星影なな、彩夏こいき(105期)
凰陽さや華、飛翠真凜、樹澄せいや、咲園りさ(106期)
碧羽陽、和波煌、世奈未蘭、美玲ひな(107期)
茉莉那ふみ、乙妃優寿、絢咲羽蘭、瑠羽らいと、珀亜れい(108期)
早瀬まほろ、逢莉しゅん、花綾れい(109期)