宝塚花組

スポンサーリンク
宝塚雪組

雪組で再演「仮面のロマネスク」あらすじと歴代キャスト比較

2024年雪組全国ツアー公演で「仮面のロマネスク」が7年ぶりに再演されます。 18世紀フランスの作家・ラクロの小説『危険な関係』を元に、柴田侑宏先生が1830年王政復古のパリに舞台を移して描いた作品で、1997年の初演以来4度目の再演...
雑記

宝塚歌劇のライブ配信日程の傾向と過去のスケジュール一覧まとめ

宝塚歌劇でライブ配信が行われるのは各演目につき1回程度で、公演初日の少し前にならないとライブ配信の有無や日程は発表されません。スケジュール発表前にライブ配信日程の見当をつける為に、特に予測の難しい小劇場公演での過去のライブ配信日程データと傾向を一覧にまとめてみました。
宝塚星組

星組「ME AND MY GIRL」配役と月組・花組での歴代キャスト比較

星組「ME AND MY GIRL」が2023年10月、博多座で上演されます。 ミーアンドマイガールは1930年代のロンドンを舞台にしたミュージカルで、宝塚歌劇でも何度も再演されてきた作品です。 1987年の宝塚初演以来、長らく...
宝塚月組

月組「月の燈影」花組初演との配役比較とネタバレ無しあらすじ

2023年月組で『月の燈影』(つきのほかげ)が再演されます。 2002年に花組:彩吹真央・蘭寿とむW主演で初演された当時から大好きな作品だったので、まさか再び「月の燈影」の世界に出会えるとは、本当に感無量です。 以前花組初演版の...
宝塚花組

花組「フィレンツェに燃える」再演配役~各キャストの役どころまとめ

花組全国ツアー公演『フィレンツェに燃える』の主な配役が発表されました。 作・柴田侑宏、主演・汀夏子で1975年に雪組で上演された作品の再演で、約50年ぶりの上演ということになります。演出が大野拓史先生に変わるので、色々と改変される部分...
宝塚花組

永久輝せあ主演「冬霞の巴里」よりギリシア悲劇「オレステイア」あらすじと配役を予習

宝塚花組で永久輝せあ主演の「冬霞の巴里(ふゆがすみのパリ)」が上演されます。「龍の宮物語」でデビューした指田珠子先生作・演出の第2作目ということで、個人的にも注目度の高い作品になりそうだなと。「冬霞の巴里」は19世紀末のパリが舞台の作品ですが、ギリシア悲劇の「オレステイア」がモチーフに使われるとのことなので、そのあらすじを簡単に予習してみました。
宝塚花組

やはり秀作!宝塚花組「月の燈影」あらすじとキャストなどを改めて

2002年に彩吹真央・蘭寿とむW主演で上演された宝塚花組『月の燈影(ほかげ)』。江戸時代後期を舞台にした日本物ですが、個人的に宝塚の江戸物の中で未だに一番好きな作品です。 毎年夏になると『月の燈影』の季節だなぁと思い出してはい...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました